製品情報

金属表面改質へ戻る

クロマイジング(クロコート®

金属の表面にクロム(Cr)を拡散滲透させ、クロム拡散滲透層を生成させる表面処理です。
耐摩耗性、耐焼き付き性、耐食性等の特性を有し、優れた効果を発揮します。

クロマイジング(クロコート®)の特性

耐摩耗性と耐焼き付き性

炭素鋼の場合

中~高炭素鋼、工具鋼あるいは鋳鉄の表面に10㎛~15㎛のFe-Cr炭化物層が生成され、1400mHv~1800mHvの硬度を有します。
耐摩耗性に非常に優れ、焼き付き防止の効果もあります。

クロマイジング処理後の断面組織写真(炭素鋼)

オーステナイト系ステンレスの場合

表面に100㎛~110㎛のCr濃度40~70wt%Cr-Ni-Fe層が生成され、1000mHv~1200mHvの硬度を有します。

耐摩耗性に加え、耐食性の効果もあります。

クロマイジング処理後の断面組織写真(ステンレス鋼)

重油・石炭燃焼灰腐食に対する耐食性

クロマイジング(クロコート®)処理されたオーステナイト系ステンレスは、重油及び石炭焚きボイラーでの低融点燃焼灰による高温腐食に対し大きな抵抗力を有します。

重油焚きボイラーの高温部防振材の耐食テスト結果

耐高温酸化性

クロマイジング(クロコート®)処理された金属は、大気中で高温化にさらされるとCrが酸化し、最表面にCr2O3の被膜を生成します。

この被膜が酸素の侵入を抑制することで素材の酸化を防ぐことが出来ます。

また、炭素製品の高温酸化による減肉効果にも効果があります。

一般的耐食性

クロマイジング(クロコート®)処理された金属は、硝酸やアルカリに対して優れた耐食性を有し、海水、石油、溶融青化物、溶融塩化物に対しても耐食性良好です。

トップへ